読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お茶でやせる

アルコールを分解する肝臓に脂質や食物由来コレステロールが付着した脂肪肝(しぼうかん、steatosis hepatis)は、脳梗塞を筆頭にありとあらゆる疾患の合併症を招く可能性が高いと考えられています。

もう歯の表面を保護しているエナメル質を脆くさせるまでに進んでしまった歯周病は、もし症状自体が和らいだとしても、失った骨が元の量に復元されることは無いと考えておいた方が良いでしょう。

自転車の転倒事故や建築現場での転落など、とても強い負荷がかかった場合は、複数の個所に骨折がみられたり、骨が外部に突出する複雑骨折となったり、加えて内臓破裂してしまうこともよくあります。

ヒトの耳の内部構造は、耳殻側から順番に「外耳(outer ear)」「中耳(middle ear)」「内耳(inner ear)」の3か所に分類することができますが、この中耳に様々な細菌やウィルスが感染することで炎症になったり、液体が溜まる症状を中耳炎と言います。

脂漏性皮膚炎(しろうせいひふえん)とは皮脂の分泌異常が主因で起こる発疹で、分泌の異常の要因としてアンドロゲンとエストロゲン・ゲスターゲンのバランスの崩れやV.B.コンプレックスの慢性的な不足などが大きいと言われています。



UV-Bは、UV-Aに比べて波長が短く、オゾン層で一部分が吸収されますが、地表まで届いたUV-B波は皮膚の表皮の内部で細胞の遺伝情報(Deoxyribo Nucleic Acid)を傷つけたりして、皮膚に悪い影響をもたらしています。

毎日のように肘をついて横向きになったままテレビを見つめていたり、長時間頬杖をついたり、かかとの高い靴等をよく履くという癖や習慣は体の左右の均衡を悪くしてしまう大きな誘因になります。

美甘麗茶を楽天やアマゾンで最安値で購入するには
複雑骨折により大量に出血してしまった状態では、急激に血圧が降下して、めまいやふらつき、冷や汗、胸のムカつき、座っていても起こる気絶などの脳貧血が誘引されることがあります。

体脂肪量に変化がないのに、体重が食物摂取や排尿等で短時間で増減するような時、体重が増えれば体脂肪率は下がり、体重が減少した方は体脂肪率が上がるのです。

一般的には骨折はしない程度の弱い圧力でも、骨の狭い個所に何度も繰り返して途切れることなく力が加わると、骨が折れることがあるので気を付けなければいけません。



胸痛や胸部圧迫感を主訴とする狭心症の外科的な施術としては大方の病院で「大動脈内バルーンパンピング法(IABP)」とグラフトを用いる「冠動脈バイパス術」という二つの異なる手術の方法がしきりに活用されています。

よく耳にする心筋梗塞とは冠動脈の動脈硬化によって血管の中の空間が狭くなって、血流が停止し、欠かせない酸素や栄養が心筋まで送られず、筋肉細胞自体が死ぬ大変恐ろしい病気です。

インフルエンザ(流行性感冒)に適している効果的な予防法や医師による治療等原則的な対策そのものは、それが季節性のインフルエンザでも未知なる新型のインフルエンザであっても一緒なのです。

ビタミン欠乏症である脚気(かっけ)の症状は、手先や足先が無感覚になったり下肢の著しいむくみなどが一般的で、病状が進行してしまうと、最も深刻なケースでは呼吸困難に至る心不全なども起こす可能性があるということです。

学校等の大規模な集団生活をするに当たって、花粉症の症状が要因で他の友達と集まって元気に行動ができないのは、本人にとっても悔しいことです。